神奈川大腸疾患研究会

概 要

1988年(昭和63年)に第1回の研究会が横浜市にて開催され、その後神奈川県の先生方を対象に年2回(通常2月と6月)開催し、腸疾患の診断・治療についての研鑽の場として長い歴史を有する。

*対象:医師を中心とする医療従事者。

開催予定

開催日時・会場 内   容 当番幹事
第62回 平成30年6月12日(火)
18時30分~

横浜市健康福祉総合
センター
4F大ホール
横浜市中区桜木町1-1
(JR桜木町駅前)
主 題 「大腸内視鏡診療と抗血栓薬」

 Ⅰ.一般演題
     司会 横浜市立市民病院 炎症性腸疾患科   杉田  昭 先生
        東海大学医学部付属病院 消化器内科  鈴木 孝良 先生

  1)抗血栓薬のリスクマネジメント ~薬剤師の役割~

        大船中央病院 薬剤部         石井 弘幸 先生

  2)抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドラインについて
          -追補2017を踏まえて-

        北里大学病院 消化器内科       佐田 美和 先生

  3)当院における抗血栓薬服用者に対する大腸内視鏡治療の実際
          ~2017年ガイドライン追補版への対応も含めて~

        聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 消化器内科
                           小澤 俊一郎 先生

 Ⅱ.特別講演
     司会 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 消化器内科
                           松田 浩二 先生

  「失敗しない大腸内視鏡診断・治療
          -High-risk症例(抗血栓薬内服)の取り扱いも含め-」

        国立がん研究センター中央病院 内視鏡科
              科長・内視鏡センター長  斎藤  豊 先生
松田浩二先生
(聖マリアンナ医科大学
横浜市西部病院
消化器内科)  

お問合せ

堀井薬品工業株式会社 東京城南営業所
Tel(042)753-3991 Fax(042)753-8593
E-mail:kanagawa@horii-pharm.co.jp